Seo

キーワードプランナーを無料で使う登録方法【2020年版】

キーワードプランナーを無料で使う登録方法【2020年版】
キーワードプランナーは無料で使えない?
クレジットカード情報を入力しなければ登録できない?

この2つを解決します。

 

結論:クレジットカード情報の入力は必要。Google広告に登録→広告出稿(キャンペーン)の停止で、キーワードプランナーを無料で使えます。

この記事を読んで、広告出稿サービス「Google広告」への登録・設定を行えば、キーワードプランナーを無料で使えるようになります。

 

この記事をよむひと
  • キーワードプランナーでキーワード選定したい
  • Google広告の登録方法がわからない
  • キーワードプランナーを無料で使う方法を知りたい
画面が違う?
何を入力したら?
200円支払うの?
クレジットカード?
ぜろな
ぜろな
りとぜ
りとぜ
以前と変わった点がいくつかあるね。
Googleヘルプセンターで確認してみる。

 

キーワードプランナーは、検索上位を狙い集客する為の【キーワード選定】に必要なSEO対策ツール。まずは無料で使って体感してみましょう。

 

この記事でわかること
  • Google広告への登録方法
  • 変更となった支払情報の入力について
  • キーワードプランナーを無料で使う設定方法

 

無料で使う為の設定方法や登録時の入力方法も、以前と変わっていました。

2020年4月現在の最新情報を、画像で細かく解説していきます。
(設定は簡単なので5分程で完了)

 

サイトを立ち上げてない方はこちら⇩

WordPress(ワードプレス)簡単インストール【初心者が始める】
WordPress(ワードプレス)簡単インストール【初心者が始める】WordPressを簡単にインストールする方法を、50枚の画像を使って解説。Xサーバー提供の「WordPressクイックスタート」を利用して「独自ドメイン取得、ブログの設置、https化(SSL化)」の自動設定も可能です。...

キーワードプランナーとは

キーワードプランナーとは

キーワードプランナーとは、ウエブサイト集客のSEO対策に有効な、キーワード選定をする際のサポート的ツール

ブログへアクセスしてもらう為には、狙うべきキーワードを選び、優先順位をつけたうえで、コンテンツを制作することが重要です。

 

キーワード選定のポイント

関連性の高いキーワード
検索ボリューム(ワードの需要度)
競合性(上位化する難易度)

 

これらキーワードプランナーで得た情報を有効利用し、最適なキーワードを選定することで、ブログ集客へとつながります。

ただし、キーワードプランナーは「Google広告」という有料の広告出稿サービス内にある機能の一つである為、本来はGoogle広告に出稿する際に使用するツール。

今回の記事は、有料で広告を出稿するのではなく、無料でキーワードプランナーを使用する手順を解説していきます。

キャンペーン(広告出稿)を利用しない無料設定では、検索ボリュームの抽出が「100~1000」のように一定範囲の数値表示となります。

具体的な数値を抽出したい場合にはキャンペーンの利用が必要。

お客さん集めてどうするの?
ぜろな
ぜろな
りとぜ
りとぜ
集客できれば、多くの人に見てもらえて
⇩こんな風にサイトの収益化につながるよ。
アフィリエイトASP7選 【紹介制度を活用】
アフィリエイトASP7選【紹介制度を活用】ASPとはアフィリエイターと広告主をつないでくれる仲介サービス。収益化に向けて、ASPの仕組みについてと、アフィリエイト初心者の方が最初に登録しておきたいASP7社の紹介をします。各ASPの「紹介制度プログラム名」と、提携関連についても記載してます。...

 

キーワードプランナー(Google広告)への登録方法

Google広告へ登録していきます。

登録後に、キーワードプランナーを無料で使う設定を行います。

Googleアカウントが未登録の方は、先に登録が必要となります。

 

Google広告にログイン

➤Google広告(キーワードプランナー)

『キーワードプランナーに移動』をクリック。
Google広告にログイン

この画面が表示された場合は、『ウエブサイトでの商品購入や申し込みを増やす』にチェックして『次へ』をクリックします。Google広告新しいキャンペーンの作成

2020年4月現在、Google広告へ初期登録時はこの画面がスキップされます。

以前は、登録前に「エキスパートモードに切り替える」から設定ページに移動して、キャンペーンの停止ができました。

 

ビジネスとユーザー層

広告出稿はしないので「好きなビジネスの名前」と、「自サイトのURL」を入力します。
oogle広告ビジネスの説明

自国設定されてるので、そのまま『次へ』をクリックします。ターゲットとするユーザーの所在地

 

広告の作成

広告出稿はしないので、適当なテーマを選択して『次へ』をクリックします。キーワードのテーマ設定

こちらも適当な内容を入力して『次へ』をクリックします。Google広告を作成する

 

広告の予算を設定

『予算を自分で入力』をクリックします。Google広告の予算を設定

ゲージを左へ移動させて、念のため最低予算の設定にします。Google広告の予算を自分で入力する

以前は1円から設定できましたが、2020年4月現在の最低額は「200円」となってます。可能な最低額に設定しましょう。

 

下へスクロールして、設定予算を確認したら『次へ』をクリックします。Google広告予算の設定確認

 

支払い情報の設定

クレジットカード情報を入力します。Google広告の支払い情報の確認

規約の同意にチェックして『送信』をクリックします。

以前は、「手動の支払い」と「銀行振込」が選択可能でした。

2020年4月現在は「自動支払い」で「クレジットカードかデビットカードからの引き落とし」のみとなってます。

➤Googleヘルプセンター 広告の支払い方法

登録後に、無料で使用する為の設定を行います。

 

Google広告への登録が完了です。
『キャンペーンを確認』をクリックして、キーワードプランナーを無料で使う為の設定に移ります。
Google広告の登録完了

 

 

キーワードプランナーを無料で使う設定

キーワードプランナーを無料で使う設定

今回は、広告出稿を行わずに無料でキーワードプランナーのみ使います。

このままだと広告費が発生してしまうので、無料で使える設定をしていきましょう。

 

キャンペーンの一時停止

先程のキャンペーンを選択して、『<』をクリックします。Google広告キャンペーンの表示

『保留中』から『キャンペーンを一時停止する』をクリックします。Google広告キャンペーン一時停止

『キャンペーンを一時停止』をクリック。Google広告を一時停止する前に

『一時停止』と表示されたことを確認します。Google広告キャンペーン一時停止を確認

Google広告出稿を停止し、キーワードプランナーを無料で使えるようになりました。

『一時停止』となっていることを必ず確認してください。広告出稿料金が発生してしまいます。

 

 

キーワードプランナーを開く

『設定』から『エキスパートモードに切り替える』をクリックします。エキスパートモードに切り替える

『エキスパートモードに切り替える』をクリック。エキスパートモードに切り替える

『キーワードプランナー』キーワードプランナーをクリック。キーワードプランナーを選択

『申し込む』をクリック。キーワードプランナー申し込み

キーワードプランナーの管理画面が表示されます。
これで、いつでも無料で使用できるようになりました。キーワードプランナー管理画面

 

今回の記事では、キーワードプランナーの使用法について解説してません。管理画面下のリンク『キーワードプランナーの使用方法』から確認しておきましょう。

こちらからも飛べます ➤キーワードプランナーの使用方法

使用方法の解説はいつやるの?
ぜろな
ぜろな
りとぜ
りとぜ
執筆中だよ!
記事にしたい語句とかサイトのURLを入力して、試してみて!

 

キーワードプランナーを無料で使う登録方法 まとめ

Google広告の機能「キーワードプランナー」を無料で登録・設定する方法について解説してきました。

無事登録・設定が完了すれば、実際にキーワードプランナーを活用して【適切なSEOキーワードの選定】が行えます。

設定を間違えたり構ってしてしまった場合は、料金が発生してしまうので、『一時停止』設定になっているか再度確認してください。

今後もGoogle広告のアップデートによる登録方法の変更に合わせて、記事内容の更新を続けていくので、何かお気づきの点があればご連絡いただけると助かります。

 

以上、「キーワードプランナーを無料で使う登録方法【2020年版】」でした!

キーワードプランナーの使い方【キーワード選定】
キーワードプランナーの使い方【キーワード選定】新しいキーワードの発見や、検索のボリューム(ニーズ)・競合性なども調べられる【キーワードプランナー】の使い方と、【関連キーワード取得ツール】を併用したキーワードの選定方法を解説します。...
もしもアフィリエイトでAmazon提携【かんたんリンク使い方】
もしもアフィリエイトでAmazon提携【かんたんリンク使い方】もしもアフィリエイト経由なら、審査の厳しいAmazonとも提携しやすいです。もしもの便利ツール「かんたんリンク」は「Amazon・楽天・Yahoo!」3つをまとめたカード型リンクを、サイト上でかんたんに作成可能。作り方を解説します。...